忍者ブログ
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新記事
(04/05)
(04/05)
(04/05)
(03/29)
(03/29)
(03/28)
(03/28)
(03/12)
(03/12)
(03/12)
(03/12)
(03/12)
(03/12)
(03/12)
(02/17)
(02/17)
(02/17)
(02/17)
(02/17)
(02/17)
(02/17)
(02/17)
(02/17)
(02/17)
(02/17)
ブログ内検索
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
芸能、スポーツニュース
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

予期していなかった光景に、昼下がりのレジェンズ・フィールドの観客席から歓声が上がった。
ユニホーム姿の松井秀がマスコットバットを手に打撃ケージへ向かう。
ジラルディ新監督、ブライアン・キャッシュマンGM(40)らが見守る中、フリー打撃を敢行した。

 「(トレーナーから)もし打てるのならフリーのメンバーに入っているから、といわれて。
とりあえずやってみようとやりました」

 前日14日(同15日)に行った4カ月ぶりのティー打撃から24時間もたたないうちに、
屋外でぶっつけのフリー打撃。昨季(143試合で打率.285、25本塁打、103打点)は
両ひざを深く曲げて重心を低くしていたが、両ひざを伸ばし気味にスッと立ち、自然体で構えた。

 「いろいろとやってみようということです。今年はまず、この形を試してみようと思って」。
巨人で自己最多の50本塁打をマークし、タイトルを獲得した2002年を思い起こさせる
新フォームで37スイングし、サク越えは3本。今キャンプから新設された真新しい右翼席にヤ軍で初めてアーチをかけた。

 フリー打撃前に受けたノックでは急な動きへの不安を見せたが、
打撃に関しては昨年11月の右ひざ手術の影響を感じさせなかった。

 「よかったね。ひざをかばうそぶりもなく、力強かったよ。ヒデキには“焦らないでやれ”と言ったんだ。
他の野手が来ていないうちから飛ばさなくてもいい、とね」とジラルディ監督。
レギュラー争いに向けての「プレキャンプ」のはずが、いつの間にか本当の「キャンプ」となった。

http://www.sanspo.com/mlb/top/mt200802/mt2008021705.html
PR

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆